静岡の家具屋さん・インテリアショップガイド > 家具の豆知識 > メンテナンス・お手入れ方法

メンテナンス・お手入れ方法

各家具のお手入れ方法についてまとめてみました。日常で少し気を付けるだけで、家具は長持ちしますよ。

ダイニングテーブル

家族で囲むダイニングテーブルは以下のことに気を付けて使用すると傷みにくくなります。

熱いものを天板に直接置かない

テーブルが変色してしまう恐れがあります。

水、または水に濡れたものを長時間放置しない

シミができてしまう恐れがあります。カップやグラスなどの場合、円形の輪ジミになってしまうことも。

水拭きのあとは乾拭きする

水分が残っているとシミや変色の元となってしまいます。油汚れを落とす場合は、薄めた中性洗剤を使用し、その後は水拭き、乾拭きして洗剤残りが無いようにしましょう。

温度変化の激しい場所に設置しない

エアコンやストーブの近く、直射日光が当たる場所に設置してしまうと材質がダメージを受けてひび割れや変色を起こす可能性があります。

ソファ

ソファは革、合成皮革、布と材質によりお手入れ方法が変わります。

革製のソファ

日常的なお手入れは、乾拭きで充分。手あかや汚れが目立つ場合は専用のクリーナーを使ってふき取り、コンディショナーで仕上げましょう。購入時に家具店のスタッフにメンテナンス方法を聞いておくと◎。

合成皮革やビニールのソファ

普段のお手入れは水拭き後に乾拭きします。汚れが目立ってきたら中性洗剤や合成皮革専用のクリーナーを使いましょう。洗剤が残ってしまうと生地に傷みが出てしまうので丁寧にふき取ってくださいね。

布製のソファ

ホコリやゴミは掃除機を使って除去します。しみ込んでしまった汚れは、中性洗剤をしみこませた布で叩くようにして取りましょう。ゴシゴシと擦ってしまうと、汚れが広がる場合があるので注意してくださいね。

カーペット

カーペットのお手入れは毛並みと逆、がポイントです。

日常的なお手入れ

週に1~2回、カーペットの毛並みに沿って・逆方向の2方向に掃除機をかけます。時間が無いときは逆方向に。掃除機で取り切れなかったホコリはコロコロで取りましょう。

月に1回の念入りなお手入れ

掃除機をかけた後に水を絞った雑巾で拭きます。毛並みと逆に手を横に滑らせるイメージです。

円を描くようにしてしまうと、汚れがあちこちに飛んでしまいあまり意味がありません。洗剤をしみこませた雑巾を使う場合は、水拭きして仕上げ、洗剤残りが無いようにしましょう。

家庭じゃどうしようもない汚れは?

カーペットのクリーニングが得意なクリーニング店に任せるのが一番ですが、市販されているクリーナーを使うのも手。ただし、クリーナーのせいで色落ちしないか、カーペットの目立たない場所で試してから使いましょう。

ベッド

ベッドのシーツとマットのお手入れ法について解説します。

ベッドシーツ

こまめに洗濯しましょう。夏場は週に1回、冬場は週に2回が目安です。洗わずにいると、ダニが繁殖してしまいます。

ベッドマット

時々は干すようにして、湿気を逃がしてあげましょう。重量のあるものは、壁に立てかけて除湿器を回すという方法も。

天日に干す必要はありません。子どもさんが遊具代わりにして飛び跳ねたりするとスプリングが破損する恐れがあります。思わぬ怪我にも繋がりかねませんので、注意してくださいね。

価格で選ぶカーからの一言

家具を長く使うならお手入れサービスの有無をチェック

買った家具は長~く使いたいじゃない?元をとる意味でもね。もちろん家具は安い方がいいけど、買った後のお手入れサービスが付いてるなら、ちょっとくらい奮発してもいいかな?って思うわ。

家具を買うなら、スタッフにお手入れサービスが付いているか聞くのは必須ね!私も今後はそうするわ。だって、お得な方がいいもの。

  • Google+