静岡の家具屋さん・インテリアショップガイド > 【商品別】家具の選び方のポイント > 部屋の家具選びで大切な2つの基本ルール

部屋の家具選びで大切な2つの基本ルール

おしゃれで開放感のある部屋を目指していたのに、「部屋が狭く感じる」「ごちゃごちゃして見える」と悩んだ経験のある方は少なくないのではないでしょうか。レイアウトの基本的なルールが守れていないと、気に入った家具を配置しているのになんだかまとまらない部屋になってしまうことが多いです。そこで部屋のレイアウトを決める上で重要な“動線”と“視線”を意識した2つのルールをご紹介します。これから家具を選んだりレイアウトを考えたりするのに参考にしましょう。

“動線”を意識して「通り道」を作る

「そんなに家具は多くないのに部屋がごちゃごちゃしてる」という場合、動線を意識したレイアウトができていない場合が多いです。動線とは、日常生活の中で人が自然と動く時に通る経路を線で表したものです。部屋のレイアウトを決める上で一つ目の基本的なルールは、動線を意識して「通り道」を作ることです。

例を挙げて考えてみましょう。例えば、洗濯機の置いてある洗面所からベランダの窓までの動線上に、ダイニングテーブルやソファを置いてしまうと、毎回洗濯物を干す時に回り道をしなければならなくなります。部屋の動線は短くシンプルであればあるほど無駄がなくなり部屋の使い勝手もよくなります。

また動線の幅にも注意が必要です。人がスムーズに移動するための幅は大体の目安が決まっています。簡単に確認してみましょう。

  • 正面を向いて通る  60cm
  • 横を向いて通る   45cm
  • 物を持って通る   90cm
  • 人と人がすれ違う 120cm
  • 椅子に座る/立つ  80cm

上でご紹介した幅が部屋の中の動線で必要になる幅です。家具を選ぶ時には、デザインや機能性だけでなく、部屋の間取り図に実際に動線を書き込みながら必要な幅を確保できるかどうか確認するようにしましょう。

家具選びの際には、キッチンからリビングや洗面所からリビング、洗面所からベランダなど、日常生活の中で「どこを」「どのように」通るのかを意識しながら家具のサイズ・配置を考えるとスッキリとした使い勝手のよい部屋にすることができます。

部屋を広く見せる”視線の抜け”を活用

「開放感のある部屋を目指しているのに家具を置いたら窮屈に感じる」という場合、視線の抜けを意識してレイアウトすることで部屋の印象を大きく変えることができます。レイアウトの基本的なルールの2つ目は、視線を遮る位置に家具を置かないことで視線の抜けを作ることです。

視線の抜けとは、人の視覚を利用した基本のレイアウトテクニックの一つです。上手に活用することで部屋を広く見せたり余分なものを目立たなくさせる効果があります。人は視線の先に何か遮る物があると、窮屈に感じたり圧迫感を感じたりします。

例えば、部屋に入った時に正面に窓があるのにその前に背の高い本棚や机、ソファが置いてあると途端に部屋が窮屈に感じます。反対に部屋に入って開放感のある窓の周りに家具が何もないと視線が自然と窓に向くため部屋が広く見えます。部屋に入っての視線やソファに座ったところからの視線の先に窓がない場合、鏡やアート、植物を置くことでも同じような効果が得られます。

また部屋に開放感を出したいときには、背の低い家具を配置する方法も効果的です。自分の目線より高い家具は圧迫感を与えてしまうので、腰の高さくらいまでのロータイプの家具を選びましょう。そしてリビングボードやキャビネットなどの家具を撰ぶときには、水平ラインを強調したものを選んで壁沿いに配置すると、部屋が広がったように見える視覚的効果が働きます。こうした方法は比較的狭い部屋を広く見せたいときにも効果的です。

家具のレイアウトを考える時には、「ドアから部屋に入った時」「ソファに座った時」「椅子に座った時」などをイメージして、それぞれの位置から視線が抜けているかどうかを確認するようにしましょう。

  • Google+