静岡の家具屋さん・インテリアショップガイド > 【商品別】家具の選び方のポイント > テーブル・デスク

テーブル・デスク

このページではテーブル・デスクを取り扱っている静岡の家具屋やテーブル選びに失敗した方の体験談、選び方のポイントなどをまとめています。家具には人一倍こだわりのある当サイトの3匹の管理犬がテーブル・デスクについて寄せるコメントも要チェックですよ。

静岡のテーブル取扱店舗

静岡のテーブル取扱店舗は、久和屋、スーク、unico 静岡などがあります。

久和屋

久和屋のテーブルをご紹介します。

シンフォニー 110 カフェテーブル(オーク)

価格:公式サイトに記載なし

シンフォニー 110 カフェテーブル(オーク)

【引用元】久和屋:http://www.kuwaya.co.jp/cat38/cat40/110-11.html

ムゲン 110リビングテーブル

価格:公式サイトに記載なし

ムゲン 110リビングテーブル

【引用元】久和屋:http://www.kuwaya.co.jp/cat38/cat40/110-3.html

シンフォニー110リビングテーブル

価格:公式サイトに記載なし

シンフォニー110リビングテーブル

【引用元】久和屋:http://www.kuwaya.co.jp/cat38/cat40/110.html

店舗名 久和屋
住所 静岡県静岡市駿河区中田本町51-21
営業時間 公式サイトに記載なし
定休日 公式サイトに記載なし
駐車場 公式サイトに記載なし
取り扱いメーカー オリジナル家具

スーク

スークのテーブルをご紹介します。

ボーエ・モーエンセン コーヒーテーブル

価格:70,200円(税込)

ボーエ・モーエンセン コーヒーテーブル

【引用元】スーク:http://www.suq-net.com/tableAndDesk/2073.html

スークオリジナル ダイニングテーブル オーク 1

価格:345,600円(税込)

スークオリジナル ダイニングテーブル オーク 1

【引用元】スーク:http://www.suq-net.com/tableAndDesk/1418.html

3本脚・コーヒーテーブル

価格:公式サイトに記載なし

3本脚・コーヒーテーブル

【引用元】スーク:http://www.suq-net.com/tableAndDesk/1849.html

店舗名 スーク
住所 静岡市駿河区高松3424
営業時間 11:00~18:30
定休日 火曜日
駐車場 なし
取り扱いメーカー フリッツハンセン、フレデリシア、オレフォス、ホーンジーなど

unico 静岡

unico 静岡のテーブルをご紹介します。

ADDAY(アディ) ダイニングテーブル W1500

価格:69,984円(税込)

ADDAY(アディ) ダイニングテーブル W1500

【引用元】unico:http://www.unico-fan.co.jp/f/dsg-89776

NORD(ノルド) カフェテーブル W1150

価格:51,840円(税込)

NORD(ノルド) カフェテーブル W1150

【引用元】unico:http://www.unico-fan.co.jp/f/dsg-81344

店舗名 unico 静岡
住所 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1
営業時間 11:00~20:00
定休日 公式サイトに記載なし
駐車場 公式サイトに記載なし
取り扱いメーカー オリジナルブランド

机・テーブルを取り扱う
静岡の家具屋さん・インテリアショップを探す

テーブル選びでの失敗談

  • 4人家族なのに6人掛けのテーブルが
  • 「4人家族で生活しているのですが、6人掛けの大きなダイニングテーブルを購入してしまいました。6人掛けとはいえ、実際には8人で座ってもまだ余裕があるくらいの大きなテーブルです。普段は大きすぎて邪魔なのですが、来客があったときはゆっくり食事ができるので便利。買ったのが失敗でもあり成功でもあるようなテーブルです」(50代・女性)
  • 子ども目線で買わないと危ない
  • 「デザインに惹かれてローテーブルを購入。ようやく歩き始めた子どもがいる時期に買ったのですが、テーブルの角が尖っているデザインだったため子どもが怪我しそうで危なくて見ていられません。安全を考えて、角に発砲スチロールをあててグルグル巻きにすることに。子どものために仕方がないとはいえ、せっかくデザインで選んだテーブルが台無しです。家具選びは子ども目線でしなきゃいけないんだなと学びました」(40代・男性)

家具にうるさい管理犬カー・グー・テリアからの一言

価格にうるさいカー

「テーブル・デスクは、価格で見ていくとピンキリよね。10万円以上するものも珍しくないわ。安いものを狙う私だけど、テーブルは高さとか大きさとかにもこだわらないとね。役に立たないものを買っちゃったらいくら安くても意味がないもの」

品質にうるさいグー

「テーブルは素材とか製品の管理方法とか、こだわりたいポイントがたくさんある家具なんだ。特に食事のとき使うダイニングテーブルだと、子どもやお年寄りが安心して食卓についていられるような品質の良いものを選ぶべきだと思う。質が良くて長く使えるテーブルなら結果的にお得になるんだからカーももっと質にこだわればいいのに」

デザインにうるさいテリア

「失敗談のなかに、小さい子どもさんがいるのに角の尖ったテーブルをデザインで選んでしまって後悔している人の話があった…。デザインで家具を選びたいテリアとしてはちょっとショックだなぁ。家具はカッコイイだけがデザインじゃない。一緒に住む人の安全面も考えたデザインのものを選ばなきゃいけないんだよね」

テーブル・デスクの選び方の総括

テーブル・デスクを選ぶ際には、生活の中でどのように使用するのかイメージを膨らませてみることが大切です。小さなお子さんがいる家庭だと角の尖ったテーブルは危険。ソファと合わせて使うのかチェアと合わせて使うのかによって高さも変わってきます。

テーブル・デスクのある生活をしっかり思い描いたうえでサイズやデザインにあたりをつけ、お店に足を運ぶのがオススメの選び方です。

テーブルのサイズ感

ダイニングテーブルで食事をする場合、1人あたり幅60cm、奥行き40cmが最低でも必要になると言われています。4人用のテーブルだと幅120cm×奥行き80cmが目安。これを基準に、選べば「デザインが気に入って買ったけど小さすぎて使い物にならない!」なんてことにならずに済みますよ。

また長く使える気に入ったダイニングテーブルを見つけるには、サイズだけでなくライフスタイルをイメージすること、椅子との高さのバランスを考えて選ぶことが重要です。

ライフスタイルをイメージしてダイニングテーブルを選ぶ

ダイニングテーブルは家具の中でもサイズが大きく、部屋の中心に配置することが多いので、部屋全体の雰囲気に与える影響がとても多いのが特徴です。金額や手間を考えても頻繁に交換する方は多くないので、長く使える自分たちのライフスタイルにぴったり合ったダイニングテーブルを見つけることが重要です。

実際にダイニングテーブルで「どのような毎日を送りたいのか」イメージして選ぶと、使い勝手の良いダイニングテーブルが見つかるはずです。いくつかの例を挙げてみましょう。

・小さな子どもがいる家族

子どもが幼稚園や小学校に通っている間は、ダイニングテーブルが宿題スペースになることが少なくありません。また休日には、机に材料を並べて一緒にクッキーやケーキを焼いたりということもあるかもしれません。そのため小さな子どもがいる家族にはなるべく大きなダイニングテーブルがおすすめです。

天然木を使ったダイニングテーブルなら、子どもが小さなうちに付けてしまった傷なども、味わいの一つとして楽しめます。また転んで頭をぶつける可能性もあるので、角の尖ったダイニングテーブルは避けたほうが無難でしょう。

・単身や二人暮らし

単身や二人暮らしの場合、ダイニングテーブルのサイズは小さめのもの方が使い勝手に優れています。小さくてもおしゃれなダイニングテーブルに二人でブランチを並べて一緒に食べるというのも映画のワンシーンのようでロマンチックです。

大きめのダイニングテーブルと比べると価格的にもお手頃なものが多いので、デザインに凝ったアンティーク調やモダンなものなど、好みに合わせて予算内で部屋のインテリアの特徴になるようなダイニングテーブルが選びやすいのもポイントです。

・狭いリビングにダイニングテーブルを置く

リビングが狭かったり、賃貸でリビング自体がなく小さめのダイニングがあるだけという場合もあります。その場合、おすすめは自分の腰の高さよりも低いロータイプのダイニングテーブルを配置する方法です。

ゆったりとした低めのダイニングテーブルを置くことで視線が抜けやすくなるので、狭い部屋でも開放感を演出することができます。

椅子との高さのバランスを考える

ダイニングテーブルと椅子をセットで購入する場合には、デザインや高さのバランスも考え抜かれているのでほとんど心配する必要はありませんが、デザインにこだわってそれぞれを個別に購入する場合には、ダイニングテーブルと椅子の高さのバランスに注意が必要です。ダイニングテーブルは毎日食事などに使うものなので、バランスが悪いと使い勝手が悪くストレスになることもあります。

ダイニングテーブルと椅子のバランスを確認するには、ダイニングテーブルの天板の高さから椅子の座面の高さを引いた「差尺(さじゃく)」と呼ばれる寸法を測る必要があります。一般的に座高(身長×0.55)×1/3よりも数センチ低めが理想とされています。

例えば身長175cmの男性の場合、

175×0.55×1/3=32.1cm

となるので、大体差尺が29cm~31cmほどの組み合わせが理想といえます。

ただし好みによってもそれぞれの理想のバランスは異なるので、ダイニングテーブルと椅子を個別に購入しようと考えているなら、カフェやレストランなどでいろいろな差尺を試してみると参考になります。

ダイニングテーブルを選ぶ時には、椅子との高さのバランスも確認して、おしゃれで使い心地の優れたものを見つけましょう。

  • Google+